福岡市 あぶらやま自然情報

福岡市油山市民の森・自然観察の森のHOTな自然情報、イベント情報をお届けします!

★「どんぐり虫」の正体は・・・?!

【 2016年9月6日(火) 晴 】

この時期、まだ緑色のドングリが地面に落ちているのを見かけることはありませんか?
0906-クヌギのシギゾウムシ痕01

センター前のクヌギも、実・帽子とも緑色のまま落ちてきています。
0906-クヌギ

よ~~~く見ると実や帽子に小-っさな「穴」があいているのに気がつきませんか?
0906-クヌギのシギゾウムシ痕02

こんな感じで、針の穴くらいの穴です。
0906-クヌギのシギゾウムシ痕03

さらに、実がついている枝も見てみると・・・ボキッと折れた感じではなく
スパッときれいに切られたようです。
0906-クヌギのシギゾウムシ痕04 0906-クヌギのシギゾウムシ痕05

じつは、穴をあけて枝を切った正体は・・・
シギゾウムシの仲間でした!
0906-コナラシギゾウムシ02(過去写真)
からだは1センチくらいですが、鳥のシギ(鴫)のように口だけが長いというのが由来の昆虫です。
ドングリの実に穴をあけ、その穴に卵を産みつけ、枝を噛み切って地面に落とします。
卵はドングリの中で幼虫にかえり、ドングリの中身を食べて大きくなります。
なくなると地面にもぐって、蛹となり、成虫まで成長します。

いはゆる「どんぐり虫」ですね。
ということなので、この時期に落ちている緑色のドングリには
ほぼ100%シギゾウムシの仲間が入っています。

見つけたらできるだけ土のある所へ寄せてあげてくださいね!

sun
[ 2016/09/06 13:54 ] 虫情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する