福岡市 あぶらやま自然情報

福岡市油山市民の森・自然観察の森のHOTな自然情報、イベント情報をお届けします!

★油山、虫だより

【 2016年7月3日(日) 晴/雨 】

梅雨入りしたと思ったら・・・
あっ!と言う間に7月に突入してしまいました。

最近、晴れているのに突然雨雲がやって来てドシャ―っと雨を降らして去っていく・・・
そしてすぐ晴れる・・・
というような変なお天気が続いています。
川や川の近くで遊ぶ際には、天候の変化に十分に注意してあそんでくださいね!

さて、今日は、油山自然案内人の会というボランティアグループの勉強会でした。
◆「油山自然案内人の会」については、こちらよりどうぞ◆
今日のテーマは「夏の虫」です!
観察センターから、周回路を歩いて、つり橋の手前まで、ショートカットして花木園の中を帰ってくるコースでした。
1時間半くらいの散策。
風がほとんどなく、じめーっとしたいやらしい暑さでした。
そんな中、昆虫たちは楽しそうに活動していましたよ!!!

最近いっちばん目につくのが、ニイニイゼミの抜け殻です。
声もよく聞こえます。
油山では、現在いちばん多いセミです。
0703-ニイニイゼミ殻03
(ニイニイゼミ 3兄弟の抜け殻)

姿を見つけるのはとっても難しいのですが、今日はボランティアさんが一生懸命探して見つけてくれました!
サクラの木の幹にとまっていました。
そっくり!!!
こりゃ~気軽には見つけられないはずです。。。
0703-ニイニイゼミ
(サクラの木にとまるニイニイゼミ

そして、ここ1週間くらいで声を聞き始めたアブラゼミ
まだ姿は見られていませんが、抜け殻はぼちぼち見かけます。
0703-アブラゼミ殻
(草のさきっぽについていたアブラゼミの抜け殻)

あと、ちょっとした草むらを歩くと・・・ピョンピョンとバッタの仲間やコオロギなどの幼虫がた~くさん飛び出してきます。
しかし、まだみんな子どもなのでおおむね1センチ以下と小さく、捕まえるのは難しいです。
そして体の色も草の緑や、枯草の茶色にピッタリで、目の前にいても気がつかないくらいです。
0703-ショウリョウバッタ
ショウリョウバッタのこども。どこにいるか分かりますか?)

セミを探して木を見ていると・・・幹をグルグル回りながらのぼっているヤツが!
キマワリです。
名前の通り、木をまわりながら移動します。
0703-キマワリ
(木をまわっているキマワリ)

歩いていると目の前をひらひらと横切るものが・・・
ホタルガです。
昼間に飛ぶガの仲間で、赤い顔がホタルに似ていることから名前がつきました。
0703-ホタルガsp
(葉にとまるホタルガ)

今回のコース沿いに点々と咲いていたピンクのお花。
ネジバナです。
街中では今が見ごろですが、油山ではやっと咲き始めたところです。
今からそこかしこからニョキニョキ・グルグルと出てきます。
名前の通り、茎にねじれるようにらせん状に花がついています。
0703-ネジバナ03
(ネジバナ*開花しました)

これからどんどん観察できる昆虫が増えてきます!
夏休みの宿題などに、昆虫探しはいかがでしょうか?

\油山の写真はinstagramをご覧ください/
(閲覧のみは登録不要です)

sun
[ 2016/07/03 15:13 ] 虫情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する