FC2ブログ

福岡市 あぶらやま自然情報

福岡市油山市民の森・自然観察の森のHOTな自然情報、イベント情報をお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

★カマキリの卵を見つけました!

【 2018年1月30日(火) 雪のち晴 】

先週からずぅ~っと氷点下や1℃という気温が続いていた油山。
今日はようやく太陽のやわらかな暖かさにホッとできる一日となりました。
風景-霜柱 (1024x683)

先日冬の山の手入れをしていて参加していた子が発見したカマキリの卵。
卵も種類によって形が違います。
これはオオカマキリです。
ちなみに、カマキリの卵は、200~400個の小さな卵がこのように塊になって産み付けられます。
なので、正式には「卵」ではなく「卵鞘(らんしょう)」といいます。
塊になることで寒さをしのいだり、敵から食べられるのを防ぐためと言われています。
オオカマキリ卵鞘-ふく (1024x683)
今日は園路沿いのレンギョウの枝にハラビロカマキリの卵鞘を見つけました。
ハラビロカマキリ卵鞘-梅園 (1024x683)

年末から香りと花で楽しませてくれたロウバイ・ソシンロウバイはそろそろ咲き終わりのようです。
ソシンロウバイ-ぎ展 (1024x683)
同じくサザンカも地面に花びらが多く落ちています。
カンツバキ-サ林 (1024x683)

私たちにはとても考えられませんが、森の生きもの達は春に向けての準備を着々と進めているようです。

sun
[ 2018/01/30 15:48 ] 今の見どころ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。