福岡市 あぶらやま自然情報

福岡市油山市民の森・自然観察の森のHOTな自然情報、イベント情報をお届けします!

★白い花、いろいろ。

【 2016年5月24日(火) 曇 】

朝からだんだん雲が厚くなってきて
ここ最近の暑さからすると
ほっとする涼しい風が吹いている油山の森。

白い花がたくさん咲いています!

ネジキツツジ科
0524-ネジキ
樹皮は縦に裂け目が入り、薄くはがれます。
成長すると幹がねじれることが名前の由来です。
花は炊き立てのお米のようにも、ムー○ンに出てくるニョロニョロのようにも見えます。
いずれにしても見るだけで嬉しくなりますね♡!笑

ヤマボウシミズキ科
0524-ヤマボウシ02
ハナミズキに似るが、ハナミズキは別名アメリカヤマボウシの通り、アメリカ原産。
ヤマボウシは日本原産。

両方とも4枚の大きな花弁(花びら)がある花に見えますが、
私たちが花弁だと思っている部分は「総包片(そうほうへん)」といいます。
本当の花は、総包片が集まった中心についている小さなミラーボールのような部分です。(下写真)
総包片と同じような形の花がた~くさん集まって咲いています。
0524-ヤマボウシ03

クスノキ
神社や学校などでよく見かけるクスノキにも花が咲きます。
もうそろそろ終わりがけで、地面にたくさん落ちてきているかもしれません。
幼虫がこの葉を食草とするアオスジアゲハが吸蜜にやって来ている姿がよく見られます。
0524-クスノキ

白色にもいろいろな色が。
形も様々で面白いです!
たくさん探してよ~く観察してみてください。

sun
[ 2016/05/24 14:40 ] 植物情報 | TB(0) | CM(0)

★新緑マイナスイオン登山実施しました!

【 2016年5月21日(土) 晴 】

明日が運動会の学校も多かったのか、お子さんの参加が少なく、
17名とボランティア5名での登山となりました。

予想最高気温が28度でどうなることかと心配しながらスタート!
さっそくつり橋につくまでに汗がびっしょり!


だんだん森の中の道に入っていくにつれ、
冷たい風や沢の流れる音で涼み爽やかな汗となりました。






10:20ごろ、自然観察センター前(標高293m)をスタートし、
12:00ごろ、山頂(597m)に到着。

少しくもっていましたが、博多湾や福岡タワーが見えて、まずまずの見晴らし。

30分程お昼ご飯を兼ねた休憩をとり、
12:30、山頂を出発
13:30ごろ、自然観察センターへ到着しました。

のぼり:約1時間40分
くだり:約1時間

暑さとハチの影響を避けるため、イベントとしての登山はしばらくお休み。
次回は12月となります。

もちろん、個人の登山は年中無休で歓迎しています!
登山ルートのマップなどもありますので、管理事務所をお尋ねください。
※これからの登山の注意事項
・黒色などの濃い暗い色の服装を避ける(ハチ対策)
・道を外れて藪に入らない(ハチ・ヘビ対策)
・できるだけ素肌を出さない(ハチ・カ類対策)
・のどが渇く前に飲み物を飲む(熱中症対策)

\油山の写真は…instagramへ!/

(閲覧のみは登録不要です!)
[ 2016/05/21 15:53 ] イベント情報 | TB(0) | CM(0)

★森の新しい命かんさつハイキングを実施しました!

【 2016年5月15日(日) 晴 】

森の新しい命かんさつハイキングを実施しました。
参加者は56名!
お子さまも多く、わいわい賑やかなハイキングとなりました。
0515-ハイキング04
太陽がカンカン照りでちょっと歩くだけで汗がとまらない夏のような陽気!
日陰に入ると冷たい風のおかげもあって、ひんやりとしてほっとします。
0515-ハイキング03
0414-ホオノキ03
0505-トウオガタマ02
ホオノキとトウオガタマの花の香りを楽しみながら歩いていると・・・
0515-コアオハナムグリ03
イモムシ・ケムシ、チョウチョ、トンボなどの虫さんたちにも出会うことができました。

みなさん暑い中約2時間頑張って歩いてくれてありがとうございました!

次回のハイキングは・・・
「小さな秋かんさつハイキング」
9月11日(日)10:00~13:00
※要申込、〆切:8月19日必着

\油山の写真は→instagramへ!/
●閲覧のみは登録不要です。
[ 2016/05/18 11:48 ] イベント情報 | TB(0) | CM(0)

★新緑の中うごめく虫さんたち。

【 2016年5月13日(金) 晴/曇 】

0513-新緑モザイク
日々新緑がもりもりと育っている油山。
木々や野鳥も見どころいっぱいですが、昆虫たちもたくさん出てきましたよ!
0505-テントウムシ捕食04
▲お食事中のテントウムシに出会いました。
かわいくて草食なイメージのテントウムシですが、実は肉食系です。
幼虫も成虫もアブラムシを食べます。
(写真でテントウムシに捕まえられている緑色のがアブラムシです。)

0513-ジャノメチョウsp02
▲こちらもお食事(吸蜜)中のヒメウラナミジャノメ
ジャノメチョウの仲間。
翅に蛇の目に似た模様をつけて、全体的に茶色からグレーなので
身近な場所でもよく見かけますが、蛾(ガ)だと思われていることが多いです。
が、実はアサギマダラやオオムラサキと同じタテハチョウ科のグループです。

0505-ヤマトシリアゲ
▲べっこう細工のようなヤマトシリアゲ
名前の通り、サソリのようにお尻がくるっと丸まって上にあがっている虫です。
5~9月に出現しますが、前半は写真のように黒っぽい色、
後半になるとべっこう飴のように透き通った薄茶色になります。
お尻はサソリに似ていますが、毒はないので手にのせてよ~く観察してみてください。

0422-トゲアリ
トゲアリ
山の中でよく見るムネアカオオアリに似ていますが、背中にとてもかっこいいトゲ状の突起があります。
油山でも最近注目され始めました。
そしてこのアリは土の中ではなく、木に空いた穴を利用して巣にします。
その巣をボランティアさんが見つけて教えてくれました。
0513-トゲアリ
▲トゲアリの巣
木の高いところの穴から出入りしているので近寄って写真が撮れませんでした。

◇最近見かける虫さん◇
アゲハチョウ、アオスジアゲハ、ジャコウアゲハ、キタキチョウ、カワトンボ、ニワハンミョウ、オサムシの仲間、ジョウカイボン、コメツキムシの仲間、オトシブミの仲間、ハムシ色々、ゾウムシ色々、オオスズメバチ、アシナガバチ、コマルハナバチ、ガガンボの仲間、ハナアブの仲間、ナナフシの子ども、ハルゼミの声、カメムシの仲間の幼虫 などなど

※油山の虫さんは、みんなのお家に連れて帰ることができません。
森の中で観察するために虫かごに入れることはOKですが、
森から帰る時にはできるだけもといた場所と同じような環境に放してあげてくださいね。

何の虫か分からない・・・
この虫はどんなものを食べるんだろう・・・
この虫は大きくなったらどんな姿になるんだろう・・・
など
疑問に思ったことがあれば自然観察センターに聞きに来てくださいね!
実物を連れてくるか、いろんな方向から撮った写真があると調べやすいです。

\油山の写真は…instagramへ!/(←リンクが開きます。閲覧のみは登録不要です。)

sun

[ 2016/05/13 15:58 ] 虫情報 | TB(0) | CM(0)

★ユキノシタが咲き始めました!

【 2016年5月11日(水) 雨 】

雨が続きましたが、そろそろやんで明日は晴れそうですね!
そんな明日見ごろとなりそうなお花は…
ユキノシタです。
0511-ユキノシタ01
0511-ユキノシタ02
ユキノシタ(雪の下)
名前の由来が色々あって…
冬でも雪の下で葉が枯れないで残っているから とか、
葉の白い班を雪に見たてた とか、
白い花を雪に見たててその下に半常緑の葉がみえるから(牧野富太郎) とか
垂れ下がった花弁を舌に見たてた「雪の舌」 (中村浩)とか。。。

湿った岩の上などに生える多年草。
根元から赤い匍匐枝(ほふくし)を長くのばし地面をはい、先端に新しい芽を出し株を作るので群生することが多い。
花期:5~6月
花弁は5枚で、
上の3枚は小さく、濃紅色の班点とその下に黄色の班点がある。
下の2枚は大きく、長さが1~2センチ程になる。
(写真では下の花弁は1枚に見えますが、2枚が重なっています。雨と低気温で開かなかったようです。)
漢名:虎耳草
0511-ユキノシタ04
0511-ユキノシタ05
葉は地面付近にまとまってつきます(根生)。
0511-ユキノシタ03

明日、晴れれば下の花弁も広がり見ごろとなる予想です。
中央広場から観察センターへ上がる階段横に群生しているので
ぜひ気軽に観察してみてくださいね。

\油山の写真は…instagramへ!/(←リンクが開きます)
sun
[ 2016/05/11 14:30 ] 植物情報 | TB(0) | CM(0)